シンポジウム・会議 > 第8回学術研究大会


第8回学術研究大会 概要

共通論題:東アジア協力の課題と展望 -共通の安全保障と経済発展を求めてー
会 場:国士舘大学世田谷キャンパス 34号館B棟3F B303 教室
日 時:2014年10月18日(土)9:00


進行と内容

9:00~9:05 開会挨拶: 平川均学会理事長・国士館大学教授

9:05~10:05 第1部 若手研究者セッション (@質疑を含み 20 分)
司会: 信 達郎 (国士舘大学・前日本貿易学会会長)
郭 妤 (創価大学院)「山寨モデルの形成と中国社会にもたらす影響」
李 永シュ(明治大学ポストドクター) 「ウクライナ危機による EU 中国関係の変化」
李 乙鎮(日本大学大学院)「日朝韓関係の歴史的構図~1965年までの三国関係 」

10:20~12:20 第2部 「新段階に入ったアジア経済統合と経済発展」(@質疑を含み 30 分)
司会: 井出亜夫 (日中管理学院・前日本大学教授)
基調報告:
唱 新(福井県立大学) 「中国とASEANとの経済連結性強化とRCEPのあり方-新興国による新たな経済秩序の可能性-」
伊藤 正(イトーソリューション&コンサルティング株式会社代表取締役)「ベトナムの外資政策(ドイモイ)の意義と日系企業の海外進出の問題点」
趙 嵘(武漢大学) 「タンハンリン歴史文化街の保護と利用」
周 晓明(武漢大学) 「国際河川流域における水資源の紛争原因と解決方法」

12:20~13:30 昼食・理事会

13:30~15:45 第3部 「共通の安全保障をつくる」(@質疑を含み 30 分)
司会: 山本武彦(グローバル安全保障・貿易研究センター・早稲田大学名誉教授・学会理事)
基調報告:
朱建栄(東洋学園大学) 「習近平外交と南シナ海問題」
林 亮(創価大学) 「中国の軍備近代化と東アジア」
木村 朗(鹿児島大学) 「安倍政権は何を目指しているのか -秘密保護法制と集団的自衛権行使容認の意味を問う-」
大西 広(慶應義塾大学)「中国の民族問題をどう見るか」

16:00~18:00 第4部 武漢大学共催シンポジウム 「資源エネルギー問題と共通の安全保障へ」(@報告のみ 25 分)
司会: 佐々木寛(新潟国際情報大学・日本平和学会会長)
基調報告:
厳 双伍(武漢大学) 「東アジア協力の基本的な障害と未来」
渋谷 祐(早稲田大学資源戦略研究所) 「北東アジアの資源共同開発とエネルギー協力」
中川十郎(名古屋市立大学)「上海協力機構と新物流エネルギー戦略の展開」
パネル・セッション(17:15~)
邢 瑞磊(武漢大学)「東アジア地域協力の制度構築上の過不足」
葛 建廷(武漢大学)「中国レアアース外交の失敗とその原因」
金子秀敏(毎日新聞社)「東アジアの安全保障と中国」
高木清光(東アジア戦略研究センター) 「リコノミクスに対する一考察」
羽場久美子(青山学院大学) 「国際アジア・シンクタンク・ネットワークの形成を」

18:00~18:10 閉会挨拶: 進藤榮一学会会長・筑波大学名誉教授

18:20~20:20 研究懇親会(34館10Fスカイラウンジ)
主催校挨拶 三浦信行・国士舘大学学長
武漢大学代表挨拶 厳双伍・武漢大学教授 ほか


日本華人教授会議

韓国人研究者フォーラム

BIS

2015年

2014年以前

情報BOX

北京宣言

東北宣言

東京宣言

ジャカルタ会議

日中平和友好条約30周年

バンコク国際シンポジウム

第1回アジア・シンポジウム

福田ドクトリン30周年

農が拓く東アジア共同体

ソウル国際シンポジウム

北京国際シンポジウム

欧州連合50周年記念

設立記念大会

アジア人財育成機構

出版記念パーティ

ISACジャーナル創刊号

ISACジャーナル第2号

ISACジャーナル合併号