シンポジウム・会議 > 日中平和友好条約30周年記念シンポジウム

日中平和友好条約30周年記念シンポジウム(国際アジア共同体学会第1回国内学術大会)

日時:2008年11月1日(土)・11月2日(日) 開場(9:30) 開会(9:45)
会場(第1日目):愛知大学名古屋校舎中央教室棟3階第1研修室
会場(第2日目):愛知大学車道校舎本館8階
統一テーマ:日中平和友好条約から東アジア共同体へ―21世紀アジアをどうつくるか―
主催:愛知大学国際中国学研究センター、国際アジア共同体学会、東海日中関係学会
後援:中日新聞社/東海日中貿易センター

  

ポスター(PDF)
中日新聞掲載記事(PDF)


第1日目プログラム(11月1日)

総合司会:谷口宏行(神戸学院大学)、竹内弘行(名古屋大学)
開催校代表挨拶( 9:45 ~ 10:00 )
佐藤元彦(愛知大学長)「東亜同文書院から東アジア共同体へ」
安井信之(東海日中関係学会長)

第1部( 10:00 ~ 12:20 )「日中復交30年と21世紀アジアの未来」
記念講演( 10:00 ~ 10:50 ):岡部 弘(株式会社デンソー相談役、前会長) 「21世紀アジア世界と「ものつくり大国」の道」
基調講演( 10:50 ~ 12:20 ):天児 慧(早稲田大学アジア研究機構)「日中復交から東アジア共同体へ」、加藤弘之(神戸大学経済学部)「格差社会と持続的経済発展の道」


第2部( 13:20 ~ 15:35 )「日中経済と東アジア共同体」

司会コーディネーター:平川均(名古屋大学経済学部) 、田中武憲(名城大学経済学部)
近藤健彦(元財務官、明星大学教授)「サブプライム危機からアジア共通通貨へ」
松野周冶(立命館大学経済学部)「科学経営技術交流の現場から」
高橋五郎(愛知大学国際中国学研究センター所長)「中国企業の海外直接投資(走出去)と東アジア共同体」
横田高明(大阪産業大学アジア共同体研究センター)「中国のエネルギー需要拡大と地域協力の道」

第3部( 15:45 ~ 18:00 )「日中産業技術協力の展開と課題」

司会コーディネーター:中川十郎(日本大学大学院)、川西重忠(桜美林大学北東アジア総研)
川村範行(中日新聞社出版部長・前論説委員)「東シナ海ガス田共同開発問題を解く」
岡田臣弘(名古屋商科大学外国語学部)「広東省自動車産業の台頭と政治社会変動」
庵原孝文(名古屋銀行元取締役国際部長)「地域経済圏発展のマーケッティング戦略」
長瀬 誠(愛知大学)「洞爺湖サミット後の日中環境協力の展望」
交流懇親会( 18:10 ~ 20:00 )(会場:愛知大学名古屋キャンパス懇親会ホール)
挨拶:加々美光行(愛知大学国際中国学研究センター初代所長)


第2日目プログラム(11月2日)

第4部( 9:15 ~ 11:30 )「東アジア共同体を構築する:過去を未来の資産とするために」

司会コーディネーター:加々美光行(愛知大学)、佐渡友哲(日本大学法学部)
駒井洋(中京女子大学)「東アジア共同体の文化思想的基盤を探る」
成田弘成(桜花学園大学)「急性感染症に関するアジア地域協力を構築する」
藤田泉(県立広島大学生命環境学部)「日中農業協力の経験と技術移転」
鈴木則夫(愛知大学)「中国少数民族問題を読み解く」
大西広(京都大学経済学部)「中国の東南アジア関与への考察」
招待講演( 11:30 ~ 12:10 )
丁仁方 (台湾成功大学政治学系教授)、苏俊珷(中国文化大学行政管理学系准教授)「日中台関係を構想する」
総括討議(12:10-12:45)
学会総会( 12:45 ~ 13:00 ):バンコク会議報告、理事会報告、編集委員会報告



日本華人教授会議

韓国人研究者フォーラム

BIS

2015年

2014年以前

情報BOX

北京宣言

東北宣言

東京宣言

ジャカルタ会議

日中平和友好条約30周年

バンコク国際シンポジウム

第1回アジア・シンポジウム

福田ドクトリン30周年

農が拓く東アジア共同体

ソウル国際シンポジウム

北京国際シンポジウム

欧州連合50周年記念

設立記念大会

アジア人財育成機構

出版記念パーティ

ISACジャーナル創刊号

ISACジャーナル第2号

ISACジャーナル合併号