シンポジウム・会議 > 農業シンポジウム「農が拓く東アジア共同体」


農業シンポジウム実施概要

いま農政改革と東アジア経済統合とが、21世紀日本の最大政策課題のひとつとして浮上しています。いったい日本農業の再生は、アジア農業の展開とどう結び合い、東アジア共同体の制度設計にどうつなげていくべきなのか。
私たち国際アジア共同体学会は、昨年12月設立発会後、志を同じくする研究者、実務家とともに、上記の政策課題に応えるべく、書肆の協力を得て『農が拓く東アジア共同体』の編集を進めてきました。この度、同書の刊行を機に下記の要領で学会創設記念シンポジウムを開催しました。

日時;2007年11月2日(金曜日)、午後1時半~5時
主催;国際アジア共同体学会
共催;日本農業経済学会、日本国際地域開発学会
会場;東京大学小柴ホール

  


プログラム

総合司会、山本裕美(京大経済学部教授、上海センター長)
主催者報告:「編集を終えて;農業問題を再考する」
豊田隆(東京農工大学大学院教授)(要旨PDF文書)
鈴木宣弘(東大大学院農学生命科学研究科教授)

基調講演:原洋之介(政策研究大学院大学教授)「東アジアの中で農業を考える」(要旨PDF文書)
特別挨拶:柿沢弘治(元外相、学会顧問)「日本農業の生きる道」

パネルディスカッション
司会、山本裕美(京大)
報告者&パネリスト
大西康雄(アジア経済研究所)(要旨PDF文書)
清水徹朗(農林中金総合研究所)(要旨PDF文書)
池上彰英(明治大学農学部)
大庭三枝(東京理科大学工学部)
藤田泉(広島県立大学農学部)
小泉達治(農林水産政策研究所)(要旨PDF文書)
佐藤宣子(九州大学農学部)

フロアとの質疑
農政の現場からコメント;青山浩子(農政ジャーナリスト)
総括挨拶、進藤栄一(国際アジア共同体学会代表)


日本華人教授会議

韓国人研究者フォーラム

BIS

2015年

2014年以前

情報BOX

北京宣言

東北宣言

東京宣言

ジャカルタ会議

日中平和友好条約30周年

バンコク国際シンポジウム

第1回アジア・シンポジウム

福田ドクトリン30周年

農が拓く東アジア共同体

ソウル国際シンポジウム

北京国際シンポジウム

欧州連合50周年記念

設立記念大会

アジア人財育成機構

出版記念パーティ

ISACジャーナル創刊号

ISACジャーナル第2号

ISACジャーナル合併号